投稿

6月, 2019の投稿を表示しています

イノキャン参加者の声【中学生高校生編エレパ(1)】

イメージ
イノキャン参加者の声【ライカーズアカデミア編エレパの章(1)】
何回かに渡り掲載します!!
こんな心境だったんだ・・と思っていただければ幸いです。




──本日より、昨年の始動部門、中学生・高校生にして初出場、初入賞を果たした「エレパ※ライカーズアカデミア所属」の3人にお越しいただき、当時の様子などを聞いていきながら、今年参加者の不安を少しでも解消できればと思っています。

それでは、エレパのみなさま、塩島先生よろしくお願いします。

エレパ・塩島先生:よろしくお願いします。


──イノベーションキャンプをいつ知りましたか? あみさん:ちゃんと知ったのは、一ヶ月前です。塩島先生が、「お前ら、イノベーションキャンプ出るからな」といったことがはじまりです。

たくまさん:塾なのに、なんかすごいポスターはってあるなって思っていたんだけど、まさか本当に出るとはね・・・。


──申し込み当時は何をしていましたか? あみさん:山梨県の森林環境部森林環境総務課が行なっていた、山梨水ラボプロジェクトに採択され、ホタルと水の関係を調べていました。そして、ホタルマップを3Dプリンターでつくり、ホタルの光をLEDで再現するために、プログラミングを学んでいました。


──当時は、中1、中2、高2、高3でしたよね?参加する前の心境はどうでしたか? あみさん:自分たちの出したアイデアが漠然としすぎていて、こんなんでいって大丈夫なのかなぁって。

かれんさん:大人の中に中学生がポーンっといるってのも、んー、なんだろ、不安だったし、怖いだろうなぁって思っていました。

たくまさん:でもさ、大企業の人もくるからって言ってたから、楽しみだったよね?

あみさん:え?不安でしょ。こんなプランを大企業の人にみせんの?って

かれん:ワクワクもしたけど、正直行きたくなかったよ・・・・。


──イノベーションキャンプ期間中の様子を教えてください。 あみさん:私たち、金曜日は、学校だったんで、あとから行ったんですけど、行ったら大企業の人ばっかで、戸田さんに言われるがまま、挨拶回りに連れて行かれました笑 名刺と顔が一致しないくらい回りました・・・・。

かれんさん:そこで名刺の渡し方を学びました。相手の方に自分の名前をむけつつ、にこやかスマイルで!あ、名刺は、たくさん持っていった方がよかったと思いました。30枚はあっという間に無くなります…

イノキャン参加者の声!第1弾【ライカーズアカデミア編】

イノキャン広報部から一言
2018年のイノキャンでは、なんと塾の講師とその生徒で構成されたチームがそれぞれ参加しました!

生徒チームは、4人構成で、中学1年生、中学2年生、高校2年生、高校3年生で、イノキャン出場者最年少記録を叩き出しました!
その名も”エレパ”
そして、塾の講師の方は、協創部門で優秀賞(最優秀賞はありませんでした)、そしてそのエレパは、始動部門で優秀賞でした。


今回は、その”エレパ”が所属するちょっと変わった学習塾「ライカーズアカデミア」の代表取締役CEOの塩島諒輔さんの、インタビューブログです。
エレパじゃないのか!!と思ったかもしれませんが、エレパはまた次回・・・・
今回は、2018年のイノキャンに参加した株式会社ライカーズアカデミアの取締役CEOの塩島諒輔様からの一言メッセージです。 ──イノベーションキャンプをいつ知りましたか? 塩島:2018年は、2017年のリベンジということで参加しました。2017年に参加したイノキャンは、お世話になっていた方からの紹介で、自分のビジネスプランをまとめることを目的に参加しました。だいたい4カ月前に知り、そこからビジネスプランを考えて、STERRAにいる戸田さんに話をしに行って参加することを決めた感じです。 いや、別にだまされた訳ではありません。
──申し込み当時何をしていましたか? 塩島:当時、24才で、個人事業主で学習塾を経営していました。ただ、「学校教育では学べないようなことを教える学習塾」として、文武両道をうたったり、県内の高校生バンド(高校生総勢100人くらい)と甲府駅北口の広場で一日ライブを企画したりと、色々なことをやっている塾でした。 当時は、全然ビジネスとかは全く意識していなく、生徒数×月謝の収入源で、生きていました。
──参加する前の心境はどうでしたか? 塩島:どんなものなのかを全く想像できなかったので、特に緊張も何もしていなかったのですが、イノキャン前に参加した、イノベーションサロンに出てみて、場違い感を突き付けられました。こんな世界があるのか・・・・・と、愕然としました。その時にメモを取っていたノートがあるのですが、
オープンイノベーションをあとで調べる。 オープン→開ける イノベーション→すごいこと

シリコンバレーをあとで調べる。
とか書いてありました。今となっては、とてもいい思い…

”イノベーションキャンプ参加者の声”をはじめます。

イメージ
今までにイノベーションキャンプに参加した方々からのメッセージや思い、今の事業についてのことを語っていただく企画をスタートします!

ぜひ、こちらのフォームからアンケートに答えていただきたいです。

【イノキャン参加者の声フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScdlDgdDdZyV7akTT3o2gBL9ZYk_IZEnXW092aSvDmXIKjaJQ/viewform


どんな感じになるのかは、こちらのブログをご覧ください。
記念すべき第一弾は、株式会社ライカーズアカデミアの塩島様の一言メッセージです。
https://y-startup.blogspot.com/2019/06/blog-post_19.html

基本的に、フォームにて答えていただいた内容は、そのままブログに載せますのでよろしくお願いします。


【イベント】7月6日・7日 イノキャン2019プレイベント開催

*7月2日 「参加特典」「スケジュール」「ゲスト」を追記。

7月にMt.Fujiイノベーションキャンプのプレイベントを開催致します。
2日間を通じてイノキャンについての説明、起業家による講演、歴代参加者の体験談を聞いていただけるほか、ビジネスプランのブラッシュアップやプレゼンテーション体験を予定しております。
イノキャン2019に関心のある方、参加を予定されている方はぜひご参加ください。 お申し込みは先着順で受け付けます。

>開催概要 ■開催日時:7月6日(土)、7日(日)の2日間。いずれも9:00-16:30。 ■会場:山梨大学 工業会館3F(甲府市武田4-4-37)
下記キャンパスマップ内の最下部中央「工業会館」にお越しください。
https://www.yamanashi.ac.jp/wp-content/uploads/2016/01/kofuc_2015.pdf
リンク元:山梨大学ウェブサイト ■参加費:無料 ■定員:先着20名
■その他:
・昼食は各自でご手配ください。近隣にコンビニがあります。
・車でお越しの方は学内駐車場をご利用いただけます。総合案内所(キャンパスマップ内コンパスマークの左斜め下)にて「ベンチャービジネス論を受けに来た」とお伝えください

>参加特典最優秀賞「イノキャン2019参加券 3万円相当」※
他、先輩起業家からの特別賞も予定しております。

※ご留意事項:
2日目午後のプレゼンテーション審査で最優秀賞を受賞した方に、Mt.Fujiイノベーションキャンプ2019の参加券(32,400円分)をプレゼントします。
ご本人がお申し込みをされる場合のみお使いいただけます。他者へ譲渡された場合は無効です。
有効期限は2019年7月18日(第一次募集期間の締切日)です。

>スケジュール ■1日目 7月6日(土)
9:00-10:30 座学:イノベーションキャンプ説明、ビジネスプラン作成方法座学
10:30-11:00 座学:特許の重要性について
11:00-12:00 実践:課題の発見〜解決方法
12:00-13:00 昼休憩
13:00-13:30 座学:先輩起業家の紹介、エキシビションプレゼン
13:30-16:30 実践:ビジネスプラン作成、プレゼン練習


■2日目 7月7日(日)
9:00-10:30 座学:ゲスト講師による話題提供、トー…